如水会について

杉山博孝理事長「理事長就任挨拶」

この度理事長を仰せつかりました杉山博孝です。
岡本毅前理事長の後任としてご推薦賜りましたことを心より光栄に存じます。
同時に今年105周年を迎える如水会の歴史と諸先輩が築かれてきた伝統の重みを考えますと、その重責に身の引き締まる思いでございます。

岡本前理事長は、平成27年に就任され一橋大学基金及び公益財団法人一橋大学後援会を通じ、母校学生の海外交換留学、若手教員の海外研究活動、学生の就活支援活動等、一橋大学の教育・学術研究活動の発展に大きな貢献をされました。
また、如水会ビルディング賃貸オフィスフロアを満室稼働とし如水会運営に関し重要な収益基盤を確固たるものとされると同時に、広く政治経済・社会文化の発展に寄与され、一橋大学及び如水会の名声を一段と高めることに尽力されました。
ここに会員を代表致しまして、これまでのご貢献・ご功績に深厚なる敬意を表し拝謝申し上げます。

本会の目的は「母校の目標および使命の達成に協力すること」であり、その目的に向けて母校に協力し、後援することが第一とされています。
昨年一橋大学における内部規約の改正に伴い、如水会理事会及び各委員会に理事あるいは委員として就任頂いている大学役職者が、今後はその任務につかないこととなりました。
国立大学法人のガバナンス・コンプライアンス強化に対する政策的・社会的要請の高まりに応えたものですが、このことによって大学と如水会の連携が揺らぐものではないと考えております。

本会には北海道から沖縄まで82の国内支部と51の海外支部が活動中です。年次組織・同好会組織と併せて大きなネットワークを形成しております。
今後もこれらの強い絆で母校を支援し、双方意思決定の独立性・組織間関係の透明性を確保しつつ、より一層緊密な協力関係を構築していけるよう、双方発展のため、また本会の目的を実現していくために更なる努力に邁進し、全力を尽くして職責を果たす所存です。
会員皆様の格別のご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
最後となりましたが、重責を担ってこられた役員の皆様のご尽力に厚く御礼申し上げ、就任のご挨拶とさせて頂きます。

  令和元年8月

一般社団法人 如水会
理事長  杉山 博孝

Page Top▲