会員からのお知らせ

11月6日(水)「一橋を想う会」第七回講演会のご案内

2019年08月05日

「一橋を想う会」第七回講演会のご案内

今般、「一橋を想う会」では第七回目の講演会を下記の通り企画しましたのでご案内申し上げます。本講演会では政策研究大学院大学特別教授の大田弘子先生を講師にお迎えし、「大転換期を乗り切れるか~イノベーションと規制改革~」のテーマでご講演頂きます。

大田先生は政策研究大学院大学において公共経済学、経済政策を講じる傍ら、小泉政権時に内閣府に出向し、政策統括官等を務め、その後、第一次安倍政権、福田政権で女性民間人閣僚として経済財政政策担当大臣に就任。さらに規制改革推進会議議長を務めるなど長きにわたって政府の構造改革、規制改革にかかわって来られました。本講演会ではこうしたキャリアを踏まえて、目下、アベノミクスの三本の矢の一つである規制改革による成長戦略とりわけイノベーションの重要性とその推進に当たっての日本経済の課題につき語って頂きます。

【1】 講演会概要
日 時:2019年11月6日(水) 18:00~19:45
会 場:如水会館1階コンファレンスルーム
講演者:大田弘子政策研究大学院大学教授
テーマ:「大転換期を乗り切れるか~イノベーションと規制改革~」
参加費:2千円(当日会場受付にて現金で申し受けます)

【2】 講師略歴
1976年一橋大学社会学部(南博ゼミ)卒業後一旦民間企業に就職するも退社し(財)生命保険文化センターの研究員を経て大阪大学の客員助教授、政策研究大学院大学助教授・教授を務める。2002年以降内閣府行政官に出向し主として経済財政政策担当の官職を歴任したのち2006年~2008年経済財政政策担当大臣を務める。政策研究大学院大学教授に復帰後副学長に就任、2013年には安倍政権の規制改革会議に参画し、その後規制改革推進会議議長を務める。また、みずほフィナンシャルグループ取締役会議長をはじめパナソニック、JXTGホールディングスの社外取締役にも就任。著書には「経済財政諮問会議の戦い」、「改革逆走」があるほか多くの著作、共編著、論文を発表している。

【3】 参加申込
参加のお申し込みはメールにて担当幹事の渡邊までお願いします(ak-watman@nifty.com)。
なお、お申し込みに当たっては氏名、卒年、学部、メールアドレスをご記入ください。

<<前のページに戻る

Page Top▲