お知らせ

国立劇場 9月文楽公演のご案内

2021年06月20日

画像をクリック 国立劇場HPへ

お申し込みは締切いたしました

国立劇場開場55周年記念 9月文楽公演

第一部『寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)/ 双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
第一部は国立劇場開場55周年を寿ぐとともに、新型コロナウイルス感染症に伴う様々な災厄を払い、
皆様に安穏な日々が戻ることを祈念して上演する『寿式三番叟』で幕を開けます。続く『双蝶々曲輪日記』は、恩人の息子を助けるため悪人を殺してしまった力士の濡髪長五郎を巡る
人々の情と義理とが美しく絡み合う名作です。

第二部『卅三間堂棟由来』
(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)『日高川入相花王』(ひだかがわいりあいざくら)
第二部は名前の通り京都・三十三間堂の創建の謂れを伝える作品です。柳の精が人間世界で母となる神秘的な物語、
作中の“木遣音頭”の哀調と見どころ聴きどころ満載の物語です。続く『日高川入相花王』は道成寺伝説を題材にした、人形ならではの演技と義太夫節の量感たっぷりの魅力を
お楽しみいただける“渡し場”を上演します。文楽屈指の悲恋を描いた名作を如水会お食事付きプランでお楽しみください。

日 程:
①第一部:令和3年9月4日(土)10:45開演
②第二部:令和3年9月18日(土)14:15開演
会 場: 国立劇場 小劇場
席 数: 各日限定20席
【ご注意】詳細確認はご自身で国立劇場にお問合せ頂きますようお願いいたします。
○ 国立劇場 営業課 03-3265-6751(平日10時~18時)

料 金: 1等席7,200円(鑑賞券正価7,000円)
特 典: 特製お食事付き
締 切: 令和3年7月23日(金)
支 払: 会員証カード引落し(2021年11月10日)
鑑賞券およびお食事について:
①第一部:チケットは開演30分前より1階「小劇場受付(総合受付)」にてお受取り下さい。
お食事は、終演後に2階「十八番」にてお召し上がりください。
②第二部:チケットは当日13時より1階「小劇場受付(総合受付)」にてお受取り下さい。そのまま2階「十八番」に移動していただき開演前に食事をお召し上がりください。

お申込み:https://www.josuikai.net/tickets/45

【国立劇場の感染症対策】必ず事前にお読み願います。
〇【重要】国立劇場 お客様へのお願い・感染症対策への取り組み
https://www.ntj.jac.go.jp/topics/kokuritsu/2020/2020.8.18.html
〇独立行政法人日本芸術文化振興会新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン
https://www.ntj.jac.go.jp/assets/files/01_topics/noh/2020/guideline.pdf

【おことわり】
・チケット郵送は致しておりません。
・座席の指定は劇場におまかせ願います。
締切日以降のキャンセル・チケットの払い戻しはお受けできかねます。
・主催者が決定した公演中止についてはチケット代金を払い戻しいたします。

【お問合せ】 研修文化グループ
電 話:03-3262-0126(月~金:09:30~17:30)
メール:h-yamamoto@josuikai-office.or.jp

<<前のページに戻る

Page Top▲