お知らせ

新年企画◆平成30年2月17日(土)国立劇場 文楽公演『心中宵庚申』のご案内

2017年12月05日

■如水会員特別企画-2018年2月文楽公演『心中宵庚申(しんじゅうよいごうしん)』

2018年2月は公演は、初春特別企画!伝統芸能人形浄瑠璃-文楽公演をご堪能いただきます。

◆近松門左衛門最後の世話物作品 『心中宵庚申』
「心中宵庚申」は、夫婦の心中という珍しい題材を扱った近松最後の世話物で、
東京では10年ぶりの上演です。本作は享保7年、実際の心中事件を元に執筆されました。
八百屋の養子・半兵衛と、その妻のお千世の夫婦心中を描いた作品です。
初春にふさわしい伝統芸能の舞台をご堪能ください。
ぜひこの機会にお楽しみください!
※右画像をクリック→国立劇場公式サイトへ

■チラシはこちら→ 2019年2月文楽

演 目:『心中宵庚申』(しんじゅうよいごうしん)
日  時:2018年2月17日(土) 11:00開演
場  所:国立劇場 小劇場 半蔵門線『半蔵門駅』6番・1番出口から 徒歩約5分
アクセスマップ▶ http://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/access/
料 金:1階1等席 5,000円(税込)
定 員:先着40名
締切日:2017年12月25日(月)
※お支払:会員証カード引落し

お申込み →https://www.supportyou.jp/josui/form/138/

文楽は語り手の太夫と三味線弾き、そして人形遣いの三者が一体となって表現する日本固有の伝統芸能です。
太夫と三味線弾きが織りなす語り物を義太夫節と呼び、
人形は1体を3人で操る、世界にも類を見ない精巧なものです。

※キャンセル:締切日以降のキャンセルは致しかねますのでご了承ください。
※座席の位置は劇場が決定しますのでご了承下さい。
※チケットは当日劇場正面玄関受付でお受取り下さい
ツイッター始めました #如水会文化芸術班

お問合せ:研修文化グループ

03-3262-0126(平日09:30-17:30)

<<前のページに戻る

Page Top▲