私たちは、一橋大学を支援しています

講演会・セミナーなど

  1. トップ
  2. 学ぶ(講演会・セミナー一覧)
  3. (6月度) 人生百歳時代 医療の使い方

(6月度) 人生百歳時代 医療の使い方

イベントのタグ
開放講座
講師
井伊雅子、佐々江龍一郎
会費
無料
定員

200名

開催地詳細
如水会館
連絡先
seminar☆josuikai-office.or.jp
開催日時
開始
2019/06/1809:30
終了予定
2019/06/1814:00
「百歳まで生きる」が当たり前の時代、全国の百歳以上の人口は昨年6万7千人余りとなり、30年後の2050年には53万人を超えると予想されていす。医療の進歩や健康志向が高まる一方で、OECDの報告書などは、日本の「医療の質」は、世界の水準から劣っていると指摘しています。プライマリ・ケア(総合診療)の観点から日本の医療を考えます。

日時  6月18日(火)18:30~20:30
場所  如水会館2F オリオンルーム
参加費 無料
お申込み多数のため、締め切らせていただきました。

18:30~19:30 「適切な医療とは」 井伊雅子 一橋大学国際・公共政策大学院 教授
集団健診での胸部エックス線検査―これは本当に必要でしょうか。メリットばかり強調され、デメリットが説明されないがん検診など、問題は山積しています。日本の過剰医療(そして過少医療)が起こりやすい背景と、未来の医療制度について分析します。

19:30~20:30 「ファミリードクター イギリスの医療制度と比較して」 佐々江龍一郎 NTT東日本関東病院総合診療科 総合診療医
イギリスはいまも医療が自己負担無料で提供され、しかも、医療者に費用対効果の考え方が徹底的にトレーニングされています。日英のプライマリ・ケアの違いを熟知する気鋭の総合診療専門医が、日本の医療改革に迫ります。